ブログが続かないわけ

この日記のはてなブックマーク数
Webエンジニアが思うこと by junichiro on Facebook

今、Mac を買うならローンがいい(一括支払脳へ捧ぐ)

このエントリーを含むはてなブックマーク hateb
2009年3月31日までApple が金利1%キャンペーンをやっている。この金利が前提の話をする。
Apple は定期的に金利1%キャンペーンをやっているので、そのときであればいつでもこの話は有効。
【2012/06/18 追記】なんと最近では金利0%キャンペーンをやってるときもあるのだとか

さて、「リボ払いは悪魔」のエントリでも書いたように、僕は分割払いの怖さを知っている。ただ、だからといって、なんでもかんでも一括払いをすればいいとも思っていないい。たしかに、常に一括払いをしていれば、大きな失敗はない。ただし、小さな損をしていることはある。

だいたい、一括払い脳の人は、常に一括払いが一番得だと考えているケースが多いような気がするので、少し考えを変えてみてほしい。ローンにして分割払いする場合と、一括払いにする場合とを常に比較する習慣を忘れないようにして、その上で一括払いを選択するといいだろう。

今日は、その一括払いより分割の方が得をすると言う、逆に言えば分割より一括払いの方が損をするという話をする。もちろん、稀なケースだけどそういうこともあるというくらいに聞いてほしい。

少し話は変わるが、まず、自分が借金をしていないか考えてみよう。一括払いの習慣があるひとでも、意外といろいろなところで借金をしているものだ。例えば、マンションや家を購入した際の住宅ローンがいい例だろう。ローンを組まずに買える人はそんなに多くないと思う。また、将来にわたって支払う予定のものに対して、一括払いをしたら安くなるものもあると思う。それを一括払いしないで、毎月払い続けるというのも一種のローンと言える。例えば、家賃とかを大家さんと交渉して、年間一括で払うから3%くらい値引いてよと交渉することが可能な環境なら、それを毎月払っているのは分割払いに近い。

そろそろわかりはじめたひともいると思うけど、借金をするなら当然金利の低いものの方がいい。マンションの金利を3%くらいだとしたら、住宅ローンで借りるより、このApple でローンを組んだ方が得をするという、単純な考え方だ。

具体的な例を話そう。

マンションのローンが3%で、借入残高が1000万円で、25年の期間が残ってるとする。
そして手元には360,000円ある。おお!MacPro が買えるじゃないか。
と、喜び勇んでMacPro を一括で買うのではなく、あえて12ヶ月の1%ローンを組んでみよう。
そして、残った手元のお金、約30万円をマンションの繰上返済に使う。
さて、これでどれだけ損をしたのか、得をしたのか。

一括購入した場合は、上記と比較すると1年後に手元に余計に30万円多く残る計算になるので、
比較しやすくするために、その時点でその30万円をマンションの繰上返済に使うとする。

マンションのローンだけを見れば、いま30万円繰上返済するか、1年後に繰上返済するかの違いだけだ。
これは、30万円の年利3%分の差になるので、計算すると5,000円弱となる。いま繰上返済した方が
1年後にするよりも5,000円ほど得をするということだ。

一方Apple のローンだけでみると、一括購入と12回払い(1%)の購入では支払い総額にだいたい
2,000円の差がでる。

以上より、MacPro を分割で買った方が結果的に3,000円ほど得をしているということだ。
実際には繰上返済の手数料等があるので、このままというわけにはいかないことは注意しておいてほしい。

さて、この3,000円を大きいと見るか、たいしたことはないと見るかは人それぞれだろうと思うが、僕はそれなりに大きいと思う。
なぜなら、一括払い脳の人たちは、分割払いのときの利息分がもったいないと思っているわけで、そのもったいないと思っている金額というのはせいぜいこのくらいのオーダーの金額だからだ。

ただ、ひとは損するお金には敏感で、得するお金には鈍感なところがあるから、3,000円の損はしたくないけど、3,000円の得をするという行動をしようとは思わないかもしれない。同じことなのにね。

また、今の例は住宅ローンとの比較だったが、住宅ローンというのは比較的金利が低い。もっと高い金利、たとえば自動車ローンとかキャッシングとかと比較すればもっと差がでると思う。もしくは、年利2%以上くらいで運用する自信のある人は、Mac を分割で買って、手元に残ったお金を投資に回す方がとくだと、こういう考え方もできる。というか、住宅ローンの繰上返済というのはその金利分の運用をすることにほかならないので、ノーリスクで3%の運用ができることとイコールだから、それなりによい投資先といえる。さらにいうと、年利5%くらいで運用する自信がある人は、繰上返済なんかもしなくて、残ったお金は投資にまわすのが一番効率が良い。普段の買い物もできるだけ分割(金利が5%以下なら)で買い、手元に残るお金をどんどん投資に回した方がいい。実際は年利5% を出し続けるというのは結構大変なことなんだけれど。まあ、そういう人はこのくらいの考え方はとっくに身につけていると思うので、釈迦に説法だが。

逆に、貯金というのは年利ほぼ0%の運用と同じなので、さすがにこれと比較するとApple の1%金利も高くみえる。つまり、残ったお金を貯金するくらいなら、やっぱり一括で買った方がとくということもわかる。

後半の方はまとまりがなくなってしまったけど、言いたいことはひとつだけ。
(その人の環境にも依るけど)常に一括払いの方が得をするというわけではない。

いやあ、それにしても金利1%ってすごいわ。
Mac 買っちゃおうかな。

【参考】
この記事のトラックバックURL
http://en.yummy.stripper.jp/trackback/1185158
トラックバック
コメント









関連情報