ブログが続かないわけ

この日記のはてなブックマーク数
Webエンジニアが思うこと by junichiro on Facebook

[ツール]画面キャプチャの共有にTinyGrab をおすすめしたい

このエントリーを含むはてなブックマーク hateb
TinyGrab

最近、TinyGrab という画面キャプチャ共有ツールを知りました。それの紹介の前に、まず、似たようなアプリケーションのGyazo を紹介したいと思います。画面キャプチャを他の人に見せたいとき、僕は今までGyazo を使っていました。

Gyazoへようこそ | スクリーンショットの瞬間共有

Gyazo の素晴らしいところは、このアプリをインストールするだけですぐに画面キャプチャの共有が実現できるところです。サイトへの登録など一切不要です。インストールして、実行するとすぐにマウスカーソルが、領域選択のようなカーソルに変わるので、それで選択するだけ。そうすると選択範囲の画面がキャプチャーされ、自動的にサーバにアップされ、さらにそのキャプチャー画像を表示するためのパーマネントなURI が生成され、親切にもそれが自動的にデフォルトブラウザで開かれます。

これはホントに便利です。まだ使ってない人は試してみるといいと思います。画面キャプチャをブログにアップする方などは、わざわざブログの管理画面で画像アップロードなどしなくても、このGyazo にあがってる画像に対してリンクを貼れば十分なんじゃないかと思うくらいです。

Gyazo の良いところ

1. 登録不要
2. 自動的にサーバにアップロード
3. 自動的にパーマネントリンクの生成

Gyazo の微妙にかゆいところに手が届かないところ

1. キャプチャするたびにアプリを起動しなければならない
(Spotlight などのランチャ経由でキーストロークだけでGyazo を呼び出せばそれほど気にはなりません。)
2. ローカルには保存されない
(自動で開くブラウザに表示されてる画像をD&D で持ってくれば解決する話ではあります。)
3. 過去にアップした画像を探せない

次に本題のTinyGrab についてです。最近macheist 経由で知ったのですが、これはなかなか良いアプリ/サービスです。事前にサイトへの登録が必要なのが唯一Gyazo に劣るところではありますが、それさえ一度済ませてしまえば、Gyazo で実現できなかったことがすべて実現できます。
TinyGrab
TinyGrab の良いところ

1. 自動的にサーバにアップロード
2. 自動的にパーマネントリンクの生成
3. 一度アプリを起動しておけば常駐してくれる
4. Mac の場合、従来のキーストロークでキャプチャするだけ
(Command + Shif + 4)
5. ローカルにも保存するかしないか選べる(保存しない場合はゴミ箱へ)
6. Control Panel から過去に撮ったキャプチャにアクセスできる
7. 自分のサーバに自動でFTP アップロードすることもできる
(プレミアムのみ)

7. はまだ試していないのですが、自分の好きなサーバにアップできるのであれば、ちょっとしたスクリプトやAPI と組み合わせていろいろできるかもしれません。いまなら(2009/11/12まで?)MacHeist 経由であれば自動でPremium アカウントになります。Premium じゃないと少しGyazo には劣ると思いますので、MacHeist 経由がおすすめです!

Simple. Screenshot. Sharing. - TinyGrab
MacHeist nanoBundle

TinyGrab を使っていると、共有するしないということも意識せず、普通にキャプチャを撮るだけで、それがサーバに蓄積されるというのもとても魅力的です。
まあ、「管理しなくてもいい」というのがGyazo の最大の魅力なので、管理できるのが強みというTinyGrab とではコンセプトが違うかもしれませんので、どちらを好きになるかは人それぞれだと思います。僕はしばらくTinyGrab を使ってみようと思います。

なんとなくまたEvernote と棲み分けの難しいツールのような気もしてきていますが...
この記事のトラックバックURL
http://en.yummy.stripper.jp/trackback/1316792
トラックバック
コメント









関連情報