ブログが続かないわけ

この日記のはてなブックマーク数
Webエンジニアが思うこと by junichiro on Facebook

Amazon EC2 で稼動しているサーバの複製を作るテンプレ

このエントリーを含むはてなブックマーク hateb

Amazon EC2 東京上陸

Amazon EC2 がとうとう東京に上陸しましたね。これでレイテンシに悩まされることもなくなるかもしれませんね。

クラウドが日本に上陸 (The Cloud Expands to Japan)

サーバの複製

今日は、Amazon EC2 ですでにサービスが稼動している場合、その複製を用意するという行為のテンプレを紹介したいと思います。例えば、Amazon EC2 で本番のサービスが稼動しているとして、そこから複製して開発環境を作るなどのときに、重宝すると思います。US-East から東京へのregion 間の引越しはS3 へインスタンスを転送するところで、東京region のS3 に転送すれば良いと思うのですが、そこはまだ試していません。

手順

  1. AMI(Amazon Machine Image) を作成する
  2. AMI をS3 に転送する
  3. AMI を登録する
  4. そのAMI からインスタンスを立ち上げる
  5. apache などの必要なデーモンを起動する

実践

これで、/mnt 以下にサーバイメージが作成されます。事前に/mnt が空か確認しておいたほうがいいかもしれません。以前のイメージの残骸などが残っている場合はそれらは削除してしまっても構いません。

これで、S3 にイメージが転送されます。ここで東京region のS3 に転送すれば引っ越しもできると思いますが、そこはまだ調査中です。

次に、EC2 のConsole 画面に行きます。

左メニューにある、AMIs を選択し、上部のRegister New AMI から先程S3 に転送したイメージを登録します。

AMI

AMI

さきほど入力したbucket name を間違えないように入れてください。

これで、AMI の登録が終わりました。あとは、このAMI をベースにいくつでもインスタンスを起動できます。

次に、左メニューにある、Instances を選択し、上部のLaunch Instance からインスタンスを起動します。

INSTANCE

タブで、My AMIs を選択してから、先程登録したAMI があることを確認し、その右にあるSelect を実行します。

INSTANCE

あとは、ウィザード形式で迷うことなくインスタンス起動までいけると思います。

個人的にはこのあと、Elastic IP を取得して、開発環境であろうとも、IP を割り当てることをオススメします。IP を割り当てたら、別途DNS などでこの開発サーバにドメインを割り当ててもいいですね!あとはこのサーバにログインしていろいろやるだけです。

EC2/S3 に関しては、次の1冊があれば通常運用では困ることはないと思います。

本当にお勧めです。

関連記事

Amazon S3 に自動で定期的にDB のバックアップをとるようにしました

この記事のトラックバックURL
http://en.yummy.stripper.jp/trackback/1418079
トラックバック
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/03/07 3:45 PM |









関連情報