ブログが続かないわけ

この日記のはてなブックマーク数
Webエンジニアが思うこと by junichiro on Facebook

Amazon EC2 のインスタンスを別のアカウントにうつすときのメモ

このエントリーを含むはてなブックマーク hateb

自社の環境で作ったインスタンスをお客様の環境にうつすなど

単にインスタンスの複製を作るのは先日のエントリで書いた通りです。

[参考] Amazon EC2 で稼動しているサーバの複製を作るテンプレ | ブログが続かないわけ

「いろいろ時間がかかってしまったのでメモしておかなくては!」と思ったのですが、よくよく考えてみるとポイントはひとつだけでした。ブログにまとめるまでもないと思ったのですが、書きかけてしまったので最後まで行きます。

手順

前提

  1. 自社のAWS アカウントでEC2 が稼動している
  2. それをお客様のAWS アカウントで稼動するサーバにする

手順

  1. 自社のインスタンスでAMI をお客様向けに作成する
  2. AMI をお客様アカウントのS3 に転送する
  3. お客様アカウントでAWS コンソールにログインする
  4. さきほどのAMI を登録する
  5. そのAMI からインスタンスを立ち上げる

実践

こうして /mnt にサーバイメージを作成します。一見、前述のエントリとほとんど変わらないかもしれません。しかし重要なのはここです。この時点でお客様のAWS アカウントにひもづいている、private key や、cert それにuser id を使う必要があります。ここが、自分用のAMI 作成と違うところです。

そして、これをS3 に転送します。もちろんここでも、転送先のS3 はお客様のS3 でなければなりませんので、access key やsecret key はお客様のものを使います。bucket は予め作っておいたほうが良いと思います。

あとは、お客様のアカウントでAWS のコンソールにログインすれば、そこから先の手順は先日のエントリの通りです。

[参考] Amazon EC2 で稼動しているサーバの複製を作るテンプレ

とにかく大事なことは「イメージ作成の段階から、移転先のアカウント情報を使う」ということです。

使える本なので、もう一度紹介しておきます。

この記事のトラックバックURL
http://en.yummy.stripper.jp/trackback/1418083
トラックバック
コメント









関連情報